お気に入りのコーチのキャリーバッグと、セルフの荷物預け入れマシン。

【広島旅行ブログ②】

広島旅行が始まりました。

東京から広島へは飛行機で行きます。
久々の国内線の利用。
国内線の飛行機は、国際線に比べてあっけないほど簡単に乗れるので。
毎回ちょっと心配になります。
でも、楽ちんだから良いですけどね。

今回の旅行は2泊3日。
コーチのキャリーバッグで出かける事にしました。

コーチのアウトレットで一目ぼれして買ったこのコロコロバッグ。
それなのに、実はあまり出番がありません。
だって、見た目よりあまり荷物は入りませんし、車輪がゴロゴロ煩いですし、何といっても機内持ち込みサイズギリギリオーバーだし。
可愛いだけで、あまり機能的ではないコーチのキャリーバッグ。

でも、可愛い。
可愛いのです。
仕方がないですよね。
可愛いのですもの。

ということで、久しぶりに登場したコーチのキャリーバッグ。
相変わらず収納力の無さに嘆きながら荷物をつめて。
ゴロゴロ音を響かせながら空港に到着。

羽田空港

で、荷物を預けようと思ってカウンター目指して歩いていたら、何やら洗濯機のようなものがずらっと並んでいる場所を発見。
しかも、荷物預けの看板が出ていますし、こちらの方が待ち時間が少ないです!とも書かれています。

なんだろう。
と近づいてみたら、セルフの荷物預け入れマシンでした。

始めてみました!
なにこれ、面白い。

新しもの大好きな私は早速チャレンジ。
パネルの指示に従って、荷物を置いて、チケットをスキャン。
出てきたクレームタグを自分で荷物にくくりつけて、扉を閉めて、荷物とお別れ。
なんて簡単なんでしょう。

有人カウンターは行列が出来ていましたが、この機械は沢山あるし、使っている人も少ないしで、あっという間に荷物を預けることができました。
便利!

でも、もし荷物の中に入れちゃいけないものが入っていた場合、どうなるのかしら?
蓋を閉めるときにスキャンしてるのかな?
その場でエラーになるのかな?
それとも、後から呼び出されるのかな?

まぁ、変な物いれていないから気にしなくても良いですけどね。

コーチの可愛いキャリーバッグは目立つので。
飛行機から降りた後、荷物受け取る時もすぐ自分のバッグだと見つけられました。

荷物預けも手軽にできますし。
これからは、もう少しこのバッグの出番が増えるかなー
なんて思いました。